【検証】超高利回りは本当か!?ジョージア(旧グルジア)ホテルアパートメント投資

2021年3月19日

本記事では、ジョージアの不動産投資で本当に20%の利回りが期待できるか具体的に検証したいと思います。

ジョージアの定期預金の金利は約10%

そもそもジョージアの銀行に定期預金すると金利が約10%もつくんです!

日本の定期預金の金利が0.015%であることを考えると、とても高金利ですね。

株、投資信託などの投資商品でも利回り10%というのは中々ないのではないでしょうか。

ジョージアでは、そのような高金利(10%)という前提があるため、定期預金よりもリスクの高い不動産投資については当然10%超の利回りが期待できなければ、誰も投資しないということですね。

ジョージアの金利については以下の記事を参考にされてください。

具体的な収支シミュレーション

次に具体的な収支シミュレーションです。

■収支シミュレーション

<前提条件>

・スタジオタイプ(いわゆるワンルームタイプです)、30㎡、$600

<シミュレーション>

稼働率/年間66%
宿泊費/⼀泊あたり$85
売り上げ/年間$22,283
施設管理費(2$/m2) /年間$720
ホテル運営委託費(40%) /年間$8,912
オーナー収益(60%) /年間$12,650
実質利回り/年間21.10%

※年間の稼働率は、周辺のホテルの実績ベースでの値のようです。

※宿泊費は、今後上昇傾向にあるため、更なる利回り改善の可能性があります。

稼働率と宿泊費は、実際にどうなるかは蓋を開けてみないとわからないですが、ジョージアの国策、観光地としての魅力等を考慮すると、稼働率、宿泊費も現実的な数値かと想定しています。