米国株キンバリークラーク(KMB)購入

毎月、25万分購入している資産を、本ブログでも公開していきたいと思います。

2021年度5月期分として米国株キンバリークラーク(KMB)を購入しました。今回は、銘柄選定方法等を記事にします。

購入内容

私の大好きな米国株を新規に購入しました。今回は、キンバリークラークという会社の株を25万分購入しました。

銘柄を見つけた場所

定番の「ダイヤモンドZAi」となります。2021年5月号に米国株の特集があり、その中で本銘柄を発見しました。数ある銘柄の中で、本銘柄が目に留まった理由としては、「高配当、連続増配」という記載があったからです。

スクリーニング

配当利回り

配当利回り:3.4%

判定:OK 

不労所得重視の投資スタイルですので、配当利回りは、3%以上の高配当の銘柄を選定しています。今回購入の銘柄は、配当利回り3.4%ですので、問題なしです。

連続増配年数

増配年数:48年連続

判定:OK

減配リスクの小さい銘柄を選定するために、連続増配年数を確認しています。今回購入の銘柄は、48年連続増配中の銘柄ですので、問題なしです。

48年連続増配しているような企業は、日本には存在しない(ちなみに日本株では、花王の30年連続増配が最高です)ため、米国株の凄いところだと感じています。キンバリークラークのように増配年数が数十年続いている企業が、アメリカにはゴロゴロ存在しています

ビジネスモデルの持続性

判定:OK

ビジネスモデルの持続性をチェックしています。キンバリークラークが取り扱っている商品は、生活必需品(ティッシュ等の紙製品が主)であり、今後も、アメリカ経済の発展(人口増)と共に、キンバリークラ―クのビジネスも継続(または発展)していくと判断しました。ブランド力の強さ、新興国市場に積極進出している点も、Good👍です。

過去の株価推移も確認しています。長期的に見ても、綺麗な右肩上がりのチャートを描いています。

■キンバリークラーク株価チャート

最近は、amazonのように、株価が急騰している銘柄の購入は控えています(以前は、よく購入していました)。最近は、キャピタルゲインよりも、安定的なインカムゲインを狙う投資スタイルに変換したためです。

■amazon株価チャート

その他

簡単でしたが、米国株のスクリーニングは、これで終了です。厳密にいうと、PER等の指標も確認していますが、大筋は、この程度のスクリーニングしかしていません。

安定的なインカム収入狙いの場合、「配当の安定性」をチェックできれば、問題ないというのが基本的な考え方です。一時的な割安感とかは、あまり重視していない感じです。

まとめ

キンバリークラークは、日本ではあまり馴染みのない会社(私も、今回購入を検討するまで知りませんでした)ですが、調べれば調べるほど、非の打ちどころがない優良企業だという印象が強くなります。今後の継続購入も検討したいと思います。

皆様もよければ、米国株キンバリークラークへの投資を検討されてはいかがでしょうか。

米国株

Posted by mitsuru